->次のページへ
<-ひとつ前のページへ
<<-目次ページへ
 福岡県で絶滅に瀕している植物たち
 Threatened plants in Fukuoka Prefecture
 全国規模の絶滅危惧種

 環境省が発行している植物レッドデータブックには、わが国には1665種類の絶滅危惧植物がリストされています。このうち、117種類が福岡県に生育しています。この中には、ナンゴクデンジソウのように、日本で数カ所しか自生地が残されていない種もあります。エビネ、マヤラン、タシロランなどの野生ランは、とくに減少が激しく、多くの種が絶滅危惧種となっています。

 福岡県レベルの絶滅危惧種
 福岡県のレッドデータブックには、580種類の絶滅危惧植物がリストされています。このうちミズオオバコは,かつては水田にふつうに見られた水草ですが、現在では北九州市と福岡市の数地点にわずかに見られるだけになっています。
エビネ(ラン科)
Calanthe discolor
(
絶滅危惧IA類)
 Out of 1665 plant taxa recorded on RDB Japan, 117 taxa are growing in Fukuoka Prefecture. RDB Fukuoka lists 580 taxa. Wild orchids such as Calanthe spp. and Cymbidium spp. are particularly threatened under excessive collection for horticulture and habitat destruction.
マヤラン (ラン科)

Cymbidium macrorhizon
絶滅危惧IB類(EN)
タシロラン (ラン科)

Epipogium roseum
絶滅危惧II類
ミズオオバコ (トチカガミ科)

Ottelia alismoides
絶滅危惧IB類
ナンゴクデンジソウ
(デンジソウ科)
Marsilea crenata
絶滅危惧IA類 (CR)
 絶滅に瀕している植物たち
 Threatened plants in Japan
シデコブシ(モクレン科)

Magnolia tomentosa
絶滅危惧II(岐阜県)
エンビセンノウ
(ナデシコ科)
Lychnis wilfordii
絶滅危惧IB(栽培品を撮影)
チョウジソウ
(キョウチクトウ科)
Amsonia elliptica
絶滅危惧II(茨城県)
サンショウバラ(バラ科)

Rosa hirtula
絶滅危惧II(静岡県)
キキョウ(キキョウ科)

Platycodon grandiflorus
絶滅危惧II
オニカンアオイ
(ウマノスズクサ科)
Heterotropa hirsutisepala
絶滅危惧IB(鹿児島県)
マイヅルテンナンショウ
(サトイモ科)
Arisaema heterophyllum
絶滅危惧II(茨城県)
フジバカマ(キク科)

Eupatorium japonicum
絶滅危惧II
担当:理学研究院 矢原 徹一
協力:農学研究院 比良松道一 (写真提供) 総合研究博物館 杉本健

->次のページへ
<-ひとつ前のページへ
<<-目次ページへ