<-ひとつ前のページへ
<<-目次ページへ
 福岡県で絶滅に瀕している汽水・淡水の魚たち
 Threatened brackish and freshwater fish in Fukuoka Prefecture
 福岡県の汽水や淡水域の魚類相

 日本の汽水や淡水域に出現する魚類約310種のうち、福岡県では今まで138種が確認されています。それらは大陸から北部九州まで分布を広げた種類や、新たな種や亜種に分化したものなど多様です。福岡県は海況の異なった有明海、玄界灘と瀬戸内海に囲まれ、それぞれの地方で異なった魚類相を示しています。近年はいずれの地方でも水環境の変化や移入種などによって絶滅が危ぶまれる種が増えています。

カワバタモロコ(コイ科)
Hemigrammocypris rasborella
絶滅危惧IA類(福岡県)
福岡県のレッドデータ汽水・淡水魚類

 1997~1999年度の野外調査によりカジカ(回遊型)が県内全域から、カワバタモロコとヒナモロコが筑前地方から絶滅していることが確認されました。セボシタビラやアリアケシラウオなど18種類がなんらかの保護をしないと近い将来県内全域から絶滅する可能性が高い(絶滅危惧I,II)ことがわかりました。

 Among about 310 brackish and freshwater fish, 138 species have been recorded from Fukuoka Prefecture. According to field-surveys performed in 1997~1999, one species has already been extinct and 18 species are endangered.
セボシタビラ (コイ科)
Acheilognathus tabira subsp. 2
絶滅危惧IA類(福岡県)
ヤマノカミ(カジカ科)
Trachidermus fascitatus
準絶滅危惧(福岡県)
イシドジョウ (ドジョウ科)
Cobitis takatsuensis
絶滅危惧IA類(福岡県)
カゼトゲタナゴ(コイ科)
Rhodeus atremius atremius
絶滅危惧II類(福岡県)
アカザ (アカザ科)
Liobagrus reini
絶滅危惧IB類(福岡県)
作成者 松井誠一(九州大学) 
写真提供 井上大輔(北九州高校)、竹下直彦(水産大学校)、橋本哲男(田主丸養護学校)、九州環境管理協会

<-ひとつ前のページへ
<<-目次ページへ