九州大学総合研究博物館WEB イベント:九州大学総合研究博物館の展示や行事、九州大学、他機関へ協力している展示や行事等をご紹介します。


昨年度より前のイベントはこちらをご覧下さい

平成30年度の行事

 

 

公開展示

本館丸ごと博物館

 

特別館内ツアー開催

 

さまざまな学術標本の「森」を一緒に散策しませんか?

 

 九州大学は、箱崎キャンパスの全学部・大学院が伊都キャンパスへ移転完了いたしましたが、
総合研究博物館と大学文書館は、あとしばらく箱崎キャンパスに留まり、活動を行ってまいります。
このたびの移転で、箱崎キャンパス内に分散していた学術標本を、
同キャンパス保存地区内の旧工学部本館建物に集合させ、保管することとなりました。
これを機に、各分野ごとの収蔵展示室も整備いたしましたので、リニューアル特別公開いたします。
 重厚な建物の趣ある部屋を廻りながら、さまざまな学術標本の「森」をお楽しみください。


開催日:2018年12月の以下の土曜日・日曜日
    1日(土)・2日(日)・8日(土)・9日(日)      
15日(土)・16日(日)・22日(土)・23日(日)

 

時 間:各日ともに、
10:00~11:30
13:00~14:30
15:30~17:00
    の3回、館内ツアーを開催。当館職員が解説いたします。
    ツアー以外の時間帯は、常設展示室をご覧いただけます。

常設展示室では、公開展示「九州大学の鉱物鉱石」を実施しています。

 


集合場所:

箱崎キャンパス保存地区 旧工学部本館3階 博物館常設展示室
 ツアー開始5分前までに、ご集合ください。

各回、10:00、13:00、15:30にツアーが出発しますので、遅れないようにご集合ください。

事前申し込み:不要
参加費:無料

 

 

 

なお、常設展示室は12月より、平日(10:00~17:00)に、従来どおり開室します。
『本館丸ごと博物館』開催期間中のみ土・日も開室いたします。

ただし、 12月24日(月祝)と12月29日(土)〜1月4日(金)の冬季休業中は休館します。

 

 

 


 

公開展示

 

 ありがとう箱崎キャンパス−学術遺産と学者たち−

 

「九州大学の鉱物鉱石」

 

会期:2018年12月1日(土)〜

 

会場:箱崎キャンパス保存地区旧工学部本館3階常設展示室

 

入場無料

 

12月より、平日(10:00~17:00)に、従来どおり開室します。

10:00〜17:00

 

特別開館
『本館丸ごと博物館』特別館内ツアーを行う以下の土曜日・日曜日
    2018年1日(土)・2日(日)・8日(土)・9日(日)      
2018年15日(土)・16日(日)・22日(土)・23日(日)

 

12月24日(月祝)と12月29日(土)〜1月4日(金)の冬季休業中は休館

2019年1月よりは平日のみの開室となります。

 

「ありがとう箱崎キャンパス−学術遺産と学者たち−」シリーズの締めくくりとして

本学創設以来の資料の一つである鉱物鉱石標本に焦点をあて、
その収集背景や、関連する採鉱学関連資料を紹介します。

 

 

 

 

 


 

公開展示

 

 ありがとう箱崎キャンパス−学術遺産と学者たち−

 

「伊都につながる百年」

 


会期:2018年9月25(火)〜 10月31(水)

 

会期を延長いたします。


2019年1月18日(金)まで。


会場:九州大学伊都キャンパス椎木講堂(福岡市元岡744)

 

10:00〜17:00 [休館日]土曜・日曜・祝日・年末年始

 

入場無料


箱崎から伊都へのキャンパスの移転完了を記念し、
九大の百年を超える歴史の中での様々なエピソードを紹介しつつ、
その過程で蓄積された学術標本や資料、大学史史料を展示いたします。
かつて最先端の研究を生み出した、今後も分野横断的な新しい研究を生み出す可能性を考え、
さらなる百年における資料収集のあり方を考えます。

 

紹介する研究者

 

日本最初のX線発生実験成功:山川健次郎

草創期九州考古学の牽引者:中山平次郎

台湾南洋の有用樹木研究の草分け:金平亮三

日本人起源論の主柱:金関丈夫

アンモナイト学の巨匠:松本達郎 など

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ:九州大学総務部同窓生・基金課 同窓生連携係

092-802-2158・2147


主催:九州大学総合研究博物館・九州大学大学文書館
協力:九州大学総務部同窓生・基金課

 

チラシはこちらからダウンロードできます。

 


 

 

<臨時休館のお知らせ>

 

箱崎キャンパス跡地地区の工事および館内整備作業のため、

 

九州大学総合研究博物館はしばらく休館いたします。

 

 

予定期間:10月1日(月)〜11月30日(金)


来館者の安全を考慮いたしました結果、 やむなく休館とさせていただくこととしました。


上記期間中は、部外者の方の、旧工学部本館への立ち入りはご遠慮ください。


再開館に際しては『本館丸ごと博物館』展(仮)を予定しています。


11月末以前に再開館する場合は、改めてお知らせします。


箱崎キャンパス跡地保存地区におきまして
みなさんと学び、楽しみ、集える展示、イベントを
今後も企画 していきたいと考えております。
今後とも本館へのご支援、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。 

 

 


 

伊都キャンパス九州大学石ヶ原古墳跡展望展示室が、

2018年10月16日(火)より公開されます。

 

 

九州大学では、学内の遺跡群を地域の重要な歴史的環境資源として位置づけ、 保存・活用を図りながら、
歴史的環境と共生するキャンパスを形成することとしています。
石ヶ原古墳については、この趣旨から古墳があった位置に記録保存することとなり、
伊都キャンパスイースト1号館9階に、九州大学石ヶ原古墳跡展望展示室が設置されました。

利用者は、地域連携課に連絡・予約の上、事前に鍵を受け取り見学可能です。
なお、学外者に公開する毎週火曜及び木曜(平日のみ)午前10時~午後4時については、
予約せずに利用することができます。無料

伊都キャンパスにお越しの際は、ぜひ、足をお運び下さい。


伊都キャンパスの全景、古の権力者が見渡したかもしれない緩やかに連なる丘陵、豊かに広がる農地が、
時間と空間の広がりを感じさせてくれる場所となっています。

 

 

 

お問合せ:総務部地域連携課

 

 


 

 

 

伊都キャンパス理学系エントランスホール展示

2016年2月17日(水) 〜
伊都キャンパス(福岡市西区元岡744)
ウェスト1号館2階エントランスホール

伊都キャンパスの理学系建物(ウェスト1号館)2階にあるエントランスホールにて、
理学部各学科の紹介展示が開始されました。博物館からも、
加賀藩由来の江戸時代の測量器具と天秤・分銅、
島津製作所による戦前の結晶模型、
最近博物館が収集している伊都キャンパスの動物標本などを出展しています。

伊都キャンパスにお越しの際は、是非お立寄り下さい!



 

 

お問い合わせ
九州大学総合研究博物館事務室
電話:092-642-4252
〒812-8581福岡市東区箱崎6-10-1


 

 


 



  九州大学総合研究博物館WEB 終了したイベント:平成30度の開催行事のうち終了したもの

 

 

「五感で知る 九州大学総合研究博物館」

 

日本アートマネージメント学会九州部会研究会として、
九大博物館の魅力を知っていただくバックヤードツアー&SPレコードコンサートを開催します。


2018年11月18 日(日) 13:00 ~ 16:00


開催場所:箱崎キャンパス保存地区 

 会場:旧工学部本館4階会議室

定員:先着   50名

参加費:有料   1000円    ※ 学会員でない方のみ有料 

 

会場は、箱崎キャンパス保存地区に移転後も残される近代建築物「旧工学部本館」の竣工当時の雰囲気を色濃く残す4階会議室。
蓄音機で聞くSPレコードコンサートは、浪花節からクラッシックまでを博物館所蔵「田村コレクション」から選りすぐった「近代日本を彩る音と音楽」。
九大博物館の貴重な文化芸術リソースを五感で堪能します。いずれも専門家による解説があります。



 

 

申込方法:事前申し込みの必要あり
[E-mail]:※メールタイトルを「研究会申し込み」として、お名前、所属、メールアドレスを明記のうえ、
11月15日(木)17時までに、 jaam.ksb@gmail.com 宛お申し込みください。 

申し込み受付期間:2018年11月1 日(木) - 11月15 日(木)  
※受付締め切りは、11月15日(木)17時 

 

担当:箱崎SPレコード研究会
Mail:event★museum.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

※会場に関するお問い合わせは、博物館まで

 

ご注意ください:
※箱崎キャンパスの出入り口は、JR側の正門のみとなりました。
※箱崎キャンパスへの学外者の方の車での入構は一切できませんので、近隣のコインパークをご利用ください。
※博物館自体は11月末まで休館中のため、学会当日も一般公開はしていません。再オープンは12月1日です。

 

チラシはこちらからダウンロードできます。

 

 


 

 

九大が楽しくわかる

 

九州大学アカデミックフェスティバル2018(ホームカミングデー)


 

今年は伊都キャンパス完成記念式典と同日開催! 


【日程】 平成30年9月29日(土)・30日(日) 
【場所】 九州大学 伊都キャンパス 椎木講堂等 (入場無料) 

 

【内容】

29日(土)9:00~16:00

学生、教員、同窓生等が登壇するトークショー、 
      伊都キャンパス見学ツアー、研究成果見本市、ブース出展など 


     
30日(日)9:00~15:30

30日(日)台風接近のため中止となりました。


 

九州大学では、毎年、研究成果やキャンパスなど九州大学の“今”を楽しく知っていただけるイベントとして、
『九州大学アカデミックフェスティバル』を開催しています。
 今年は、「伊都キャンパス完成記念式典」と同日開催!
2005年に移転が始まり、ついに完成を迎えた伊都キャンパスにぜひお越しいただき、九州大学の“今”を覗いてみてください。
 入場無料です。多くのご参加をお待ちいたします。

 


 

 

志摩歴史資料館 夏季企画展

九州大学総合研究博物館社会連携事業


「昆虫にズームイン!! 顕微鏡レンズで見る体表面構造」

 

会期:2018年7月10日(火)~9月2日(日)

会場:糸島市立志摩歴史資料館(福岡県糸島市志摩初1番地)

開館時間:10時から17時(ただし、入館は16時30分まで)

休館日:毎週月曜日
注:7月16日(月曜日)は祝日のため開館し、翌17日(火曜日)に休館いたします。

 

入館料:大人210円、高校生100円(団体割引有)
65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方(付き添い1名まで)無料

 

お問い合わせ
志摩歴史資料館
電話番号:092-327-4422

 


 

 

Massive Open Online Courses

オンライン講座


「昆虫学入門 -多様性を探る- Exploring Insect Biodiversity」

 

Introduction to Entomology: Exploring Insect Biodiversity

 

 

受講期間: 2018年7月23日~8月20日

 

講座名: 昆虫学入門 -多様性を探る- Exploring Insect Biodiversity
講師: 九州大学総合研究博物館 丸山 宗利 准教授
受講料: 無料

 

Week1 : 昆虫の多様性 
Week2 : 好蟻性昆虫  
Week3 : 楽しい採集調査

 

 

教材開発センターが制作したMOOC「昆虫学入門 -多様性を探る- Exploring Insect Biodiversity」の受講登録を開始しました。
MOOCは、パソコンだけでなくスマホやタブレットを使ったモバイル・ラーニングも可能です。
通学・通勤時間を有効に活用し、MOOCの学びに是非、チャレンジしてみてください。
This course will be offered in English and Japanese.

本講座の受講登録期限は、2018年8月20日(月)15:00 です。
◆受講登録方法、講座の詳細については、こちら(OpenLearning, JapanのHP)をご覧ください。

Please check here for English page.

 

制作:九州大学教材開発センター
講師:丸山 宗利 准教授(九州大学 総合研究博物館)

運営・提供:MOOC(日本オープンオンライン教育推進協議会)・株式会社ネットラーニング

 

 


 

 

 

九州大学クラウドファンディング(九州大学×Readyfor )がスタートいたしました。
  当館からは、以下の2件です。クラウドファンディングによる応援をよろしくお願いいたします。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

「オール・アンモナイトプロジェクト」

 

このプロジェクトは、 2018年8月10日(金)23:00 に成立しました!


当初目標の243%にあたる2,435,000円に達するご寄付をいただきました。
ご協力に心より感謝いたします。
さっそく,国内外の重要なアンモナイト標本の収集準備に取りかかります。
ご支援賜りました皆様に、深く感謝申し上げます。誠にありがとうございます。

 

 

 


九州大学クラウドファンディング特設サイト(READYFOR株式会社 提供サイト)

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


「歴史的な木製学校家具を救え!九大什器保全活用プジロジェクト」

 

このプロジェクトは、2018年7月31日(火)23:00に成立いたしました!


九大箱崎キャンパスの最終移転で廃棄される歴史的な木製家具類などの什器をレスキューし、
今後の保全・活用を目指すプロジェクトです。

 

多くの皆様からのご支援をもって、ネクストゴール400万円を達成することができました。

 これで、より多くの什器を救済し、保管できる目処が立ちました。
ご支援賜りました皆様に、深く感謝申し上げます。誠にありがとうございます。

 

 

九州大学クラウドファンディング特設サイト(READYFOR株式会社 提供サイト)

 

 

みなさまのご支援をお願いいたします。

 

九州大学クラウドファンディング特設サイト(READYFOR株式会社 提供サイト)

 

 

チラシはこちらからダウンロードできます。

 


 

 

「ありがとう箱崎キャンパスー学術遺産と学者たちー」
シリーズ2回目


「防塁再発見―慧眼の士・中山平次郎先生の足跡―」

 

2018年5月12日(土)〜 7月27日(金)

 

土日祝日休館

会場: 旧工学部本館3階の常設展示室

入場無料

 

 

「元寇防塁」は、博多湾沿岸各地に遺跡が残っていますが、
その考古学的研究を始めたのが九州大学医学部教授であった中山平次郎先生でした。
中山先生は大正初期に箱崎地区でも綿密な踏査を行い記録を残しました。
しかし箱崎地区の防塁は、市街地の開発や九州大学キャンパスの建設に伴い、
その東端の地蔵松原以外では消滅したものと考えられてきました。
ところが、2016年に始まった箱崎キャンパス内の発掘調査で、石積遺構が続々と発見され、
それが、中山先生が目にした防塁そのものであることが明らかとなりました。
本展示では106年前の中山先生の研究成果と、 最新の発掘調査成果を対比し、
中山先生の仮説が発掘調査で検証されたことをご紹介します。
この展示を通して、九州大学の学内埋蔵文化財に対する取り組みの一端を知って頂ければ幸いです。

 

主催:九州大学総合研究博物館・九州大学埋蔵文化財調査室

 

 


 

 

協力


「クラシックセッション with 九大フィル」

 

7月23日(月)
18:30開場 19:00開演

料金:ワンドリンク代のみ

会場:箱崎キャンパス旧工学部本館3階家具の展示室

 

 

プロコフィエフ 管弦五重奏 ト短調
エワルド 金管五重奏曲第1番 他

 

素敵な曲をお届けしますので、お気軽に足をお運びください!(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

主催:九大フィルハーモニー・オーケストラ -Kyudai Philharmonic Orchestra-

箱崎水族館喫茶室

 

 

-------------------------------------------------------------------------

 

家具の展示室でお茶をどうですか?


7月23日(月)

 

 

 

 

家具の展示室を臨時開室します。

 

当日は、箱崎水族館喫茶室の協力により11:30より出張出店いただきます。


この機会にゆっくり過ごして行かれませんか?


 



九州大学総合研究博物館

協力:箱崎水族館喫茶室

 

 


 

協力


「コトバのワークショップ『アルバム辞典を作ろう!in 九大』」

 

開催日: 2018年 7月 14日(土)

集合場所:九州大学箱崎キャンパス理系地区 旧工学部本館1階正面玄関

参加申込〆切 7/6(金)17:00まで

お申し込みサイト https://goo.gl/forms/4qc1lZaUNjBATRH23


九州大学総合研究博物館の展示物や什器(学校家具)や自然を、写真でとり、
それにぴったりの意味のことばと組み合わせることで、新しい発見をしませんか。
博物館の研究者も展示の解説をしてくれるので、科学的にものを見たり、伝える力も養えます。
その日みなさんが撮った写真は、イベント開催後1か月程度でフォトブック作品集としてお手元にお届けします。
みなさんが撮影する九大箱崎キャンパスは10月から移転してしまいますが、博物館での体験をとおして思い出を作品として残すことができます。

 

 


※この日は常設展示室も10:00〜17:00の間、臨時開館します。ご自由にご覧いただけます。


お問い合わせ先: kiyosatoalbum@gmail.com
主催 結creation https://www.facebook.com/yui.creation/
協力 九州大学総合研究博物館

 

チラシはこちらからダウンロードできます。

 


 

 

九州大学総合研究博物館実験企画


「博物館コンin九大博物館」

 

2018年6月23日(土)

 

九大博物館主催「博物館コン」参加者募集中。
2018年6月23日(土)14:45〜18:00@旧工学部本館3階・家具展示室、
独身でパートナーのいない男女で、博物館催事に関する研究の調査モニターとして、アンケートやヒアリングなどにご協力いただける方、先着各8名。

 

「博物館コン」お申し込みは件名「博物館コン」として、氏名、年齢、あれば職業、連絡先(PCのメールが受信可能なメールアドレス)を明記のうえ、
eventあっとマークmuseum.kyushu-u.ac.jpまで、締切6月21日(木)17:00。
企画内容変更がある場合は前日までにご連絡し、参加の意向を伺います。

 

開催要項

 

実施日

2018年6月23日(土)

時間

集合時刻14時45分、 解散予定時刻18時00分

集合場所

九州大学箱崎キャンパス理系地区 旧工学部本館1階正面玄関前
〒812-8581福岡市東区箱崎6−10−1

対象

・独身でパートナーのいない方
・博物館の催しに関する研究の調査モニターとして、アンケートやヒアリングなどにご協力いただける方

定員

男女先着各8名。
申込人数により、早めに受付を閉め切る場合がありますので、ご了承下さい。

参加費

無料(今回は調査へのご協力を頂くため、参加費はかかりません)

事前申込

必須

申込方法

件名を「博物館コン」として、氏名、年齢、あれば職業、連絡先(PCのメールが受信可能なメールアドレス或は電話番号)を明記のうえ、メールアドレスeventあっとマークmuseum.kyushu-u.ac.jp宛お申し込み下さい。

申込〆切

2018年6月21日(木)17:00

主催

九州大学総合研究博物館

会場問合先

eventあっとマークmuseum.kyushu-u.ac.jp または 092-642-4252(博物館事務室)

 

 

内容

1911年に創立し、豊富な歴史を有する九州大学。
その大学博物館で、普段は公開されていない博物館のバックヤードをめぐり、
研究者の解説やミュージアムならではのワークを楽しみましょう。
ミュージアムが好きな人には、特におすすめ!
価値観や趣味が合う未来のパートナーと出会えるチャンスかも?!


プログラム
 14:45 旧工学部本館1階の正面玄関前に集合
 15:00 開会の挨拶後、ツアー&ワーク開始
  15:05 自己紹介~グループ替えを行いながらのツアー(解説とミッション付!)~ フリータイム
 18:00 解散予定


  • この催しは、研究を目的とした調査アンケートの記入などをお願いします。是非ご協力下さい。
    本調査・研究においては、特定の個人を識別できるような内容を取り扱ったり、そのような情報を公表するようなことは一切ありません。参加人数や参加者のバランスにより、企画内容が若干変更になる場合があります。その場合は前日までにご連絡し、参加の意向を伺いますので、必ずPCメールを受け取ることができるメールアドレスを明記して下さい。

 

 

 


 

 

 

シンポジウム


Furniture for Future

 

使いながらる・つなげ守る新たな仕組みとしかけの提案にむけて

 

 

旧工学部本館1階大講義室

5月19日(土)

9:55〜16:30(無料)
バックヤードツアー16:50〜17:50(無料)
交流会18:00〜19:00(有料500円)

 

 

 

特別企画展示


Furniture for Future

 

 

 

主催:「活用文化財としての歴史的木製什器の在野保存」プロジェクト(2017年度トヨタ財団研究助成プログラム D17-R-0714)・九州大学総合研究博物館

共催:九州大学文書館

協力:九州大学大学院統合新領域学府ユーザー感性学専攻、芝浦工業大学システム理工学部環境システム学科真保研究室、大川市役所インテリア課おおかわセールス係

後援:大川市、大学博物館等協議会・日本ミュージアム・マネージメント学会、家具道具室内史学会

 

 


 

 

「福岡ミュージアムウィーク2018」

 

2018年5月12日(土)〜 5月20日(日)

開館時間 月曜日〜金曜日 10時00分から17時00分
土日開館

 

 

 

 

福岡ミュージアムウィーク2018の公式サイトはこちら

 

ミュージアムウィーク期間中(休館日を除く)
来館された方に、記念品を進呈します。
〔定員〕なくなり次第終了
スタンプラリーもあります!

 

期間中、九州大学総合研究博物館では↓

 

 


ミュージアムウィーク期間中の土日は、日本3大鉱物コレクションの1つである高壮吉標本と
動物の全身骨格など、総合研究博物館所蔵の極めて重要な学術資料を公開します。
〔場所〕第3分館 〔定員〕なし 

〔申込〕不要 〔参加費〕無料

 

また、5月12日(土)は、九州大学開学記念行事−学内施設一般公開に関連し、

総合研究博物館関連の全施設を一般公開します。

旧工学部本館4階壁画のある会議室や3階列品室など、
九州大学が創設以来収集し研究・教育に用いた多岐にわたる資料をご覧いただけます。

 


 

 

「九州大学開学記念行事−学内施設一般公開」

 

2018年5月12日(土)

10時00分から17時00分

 

総合研究博物館関連の全施設を一般公開します。

旧工学部本館4階壁画のある会議室や3階列品室など、
九州大学が創設以来収集し研究・教育に用いた多岐にわたる資料をご覧いただけます。
〔場所〕総合研究博物館(旧工学部本館)
 〔定員〕なし 〔申込〕不要
〔参加費〕無料

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

また、「地質の日」に因み、未公開の研究中の化石を実物展示。

前田晴良教授が化石化のメカニズムを探る解説を行います。

 

『地質の日』記念企画:化石化のメカニズムを探る

 

5月12日(土)
〔場所〕総合研究博物館(旧工学部本館) 
〔定員〕なし 〔申込〕不要
〔参加費〕無料
『地質の日』記念企画:化石化のメカニズムを探る

①10:00~ ②11:30~ ③13:30~ ④15:00~
(各回約30分)
〔場所〕展示室内 
〔定員〕なし 〔申込〕不要 
〔参加費〕無料

 

 


 

 

シリーズ展示


「ありがとう箱崎キャンパスー学術遺産と学者たちー」

 

 

2018 年9月に箱崎キャンパスから全部局が移転し終わるのを記念し、
箱崎キャンパスで展開された教育・研究活動と学術資料を、
その形成に関わった学者たちの活動などとともに振り返ります。
シリーズ展示「ありがとう箱崎キャンパスー学術遺産と学者たちー」として、旧工学部本館3階の常設展示室で開催。
10月以降には、旧工学部本館全体を収蔵展示化したような企画展示や
資料移転完了記念バックヤードツアーを計画しています。

 

シリーズ1回目

「戦前の福岡における博物研究の興隆と九州大学」


九州帝国大学の発足を契機に、福岡では博物研究が興隆しました。
歴史的なX 線管、南洋で採集された魚類標本などを展示予定。

 

2018年3月22日(木)〜 5月6(日)

開館時間 月曜日〜金曜日 10時00分から17時00分
休館 土日祝日


会場: 旧工学部本館3階の常設展示室

入場無料

 

 

 



 

 

箱崎S P レコード研究会

SP レコードに聴く戦前の演劇風景

 

(その1)歌舞伎・新派・新国劇・曾我廼家劇

 

2018年 5月 6日(日)

無料
14:00-16:00(13:30開場)
九州大学箱崎キャンパス
旧工学部本館4階会議室

 

 

戦前のSPレコードは音楽を聴くためだけのメディアではありませんでした。
ビデオやDVDのなかった時代、演劇を音声のみで楽しむためのダイジェスト版演劇レコードが多数発売されていたのです。
九州大学総合研究博物館田村悟史コレクションには、近代日本の各種演劇を記録した貴重なSPレコードが多数含まれています。
 そこで今回は、SPレコードに耳を傾けながら、近代日本演劇の豊かな広がりについて考えてみます。
歌舞伎の15代目市村羽左衛門、新派の初代水谷八重子、新国劇の澤田正二郎、
そして喜劇の曾我廼家五郎といった名優たちの 台詞回しを楽しんでいただければと思います。

 

ナビゲーター
京谷 啓徳(人文科学研究院/准教授)
サポーター
大久保 真利子(総合研究博物館/専門研究員)

 

先着順にて70名まで着席可
お席のご予約をご希望の場合は、メールまたはFAXにて事前にお申し込み下さい。
タイトルを「SP申込」とし、お名前と参加人数を明記下さい。
事前受付締切:5月5日
申込先 メール:event アットマーク museum.kyushu-u.acjp
     FAX:092-642-4299

 

主催:箱崎SP レコード研究会・九州大学総合研究博物館
協力:九州大学人文科学研究院・九州大学芸術工学研究院

 

チラシはこちらからダウンロードできます。

 


九州大学総合研究博物館WEB 過去のイベント:昨年度より前のイベントはこちらをご覧下さい